タグ別アーカイブ: タワーレコード高崎店

高崎から音楽の灯火が1つ消えた日〜タワーレコード高崎店最終日〜

2014/1/26(Sun)
タワーレコード高崎店が遂に閉店しました。

当日は柿澤秀吉の弾き語りも行われ、たくさんの方々が訪れ、閉店を惜しんだそうです。

公式のTwitterでの投稿を引用させて頂き、少しでも当日の様子が伝わればと思います。

★柿澤秀吉のインストアライブの様子
秀吉のタワレコへの想いが詰まった歌声に涙ぐむ人もいたようです!

https://twitter.com/TOWER_Takasaki/status/427290229582471168

https://twitter.com/TOWER_Takasaki/status/427291532207472640

https://twitter.com/TOWER_Takasaki/status/427293450581458944

https://twitter.com/TOWER_Takasaki/status/427305997720231936


★最終日の店内の様子
別れを惜しんで大勢の方が来店されたようです!
https://twitter.com/TOWER_Takasaki/status/427426886138855425

https://twitter.com/TOWER_Takasaki/status/427426976903622656

https://twitter.com/TOWER_Takasaki/status/427427223654518784

★店内のボードに飾られた多くの方々からのメッセージ
https://twitter.com/TOWER_Takasaki/status/426928276569731072

https://twitter.com/TOWER_Takasaki/status/425862326030327808


★そして、最後のツィート
https://twitter.com/TOWER_Takasaki/status/427429629763133440


当日、タワーレコード高崎店に行けた方も行けなかった方も、どのように感じたのでしょうか?

群馬で唯一のタワーレコードが閉店してしまう現実。

ネット通販や再生機器の進化で、CDに対する需要は減ってしまっているかもしれません。
しかし、アーティスト側としては何十時間も曲作りやレコーディングに時間を費やし、曲順も何通りも作って考え、歌詞カードのデザインも考え抜いた「作品」としてCDを作っています。

音楽が身近で手軽になっている反面、YouTubeだけで満足したり、パソコンに取り込んであまり良くない音質で聞くのが当たり前という現状を見ると、創り手と聴き手の距離は遠くなっていないでしょうか?

そんなアーティストの想いを担当者が心を込めて手書きで書いたオススメPOPを通じてリスナーとの橋渡しをしてくれていたのが、タワーレコード高崎店だったと思います。

また出店してもらえるように私たち音楽好きが、バンドを応援したり友達に音楽好きを増やしたり、地元の音楽シーンを盛り上げていかないとですね!

1/26タワーレコード高崎店最終日に秀吉が有終の美を飾るインストアライブ開催

2014/1/26(Sun)で10年の歴史に幕を閉じてしまうタワーレコード高崎店。

何とかして行きたいなと思っていた方にビックニュースが飛び込んで来ました!

1/26(Sun)13:00~柿澤秀吉(秀吉)のインストアライブが決定との事!

https://twitter.com/tower_takasaki/status/425818944759267328

秀吉

20140123-104839.jpg

今や全国区に知られた群馬を代表するバンド。なんと言ってもその優しい歌声と心に響く歌詞は、一人の時に思わず口ずさんでしまうほど一度聴いたら忘れられなくなりますよ!

以下、オフィシャルのProfileより

柿澤秀吉(Vo, G)、町田龍哉(B)、神保哲也(Dr)からなる群馬出身3ピース・ロックバンド。その異色のバンド名はVo/G柿澤秀吉の本名によるもの。
卓越したメロディーセンスと透明感と柔らかさを併せ持つ歌声、それを支え力強くしなやかに躍動するリズム、時に優しく、時にエモーショナルに、静と動を織り交ぜつつ展開する楽曲は、所謂ギターロックと呼ばれる範疇に収まりきらない魅力と可能性が溢れている。
08年のデビューアルバム「へそのお」がタワレコメンに選出され話題になり頭角をあわらし始める。
これまでに3枚のミニ・アルバムと1枚のフル・アルバムをリリース。10年には宮崎あおい主演映画「ソラニン」の挿入歌に抜擢されて話題となる。最新作「くだらいうた」ではペダルスチールをフィーチャーしてみたり、ソウルフルな展開の曲があったりと音楽性の広がりをみせる。
また全国20ヶ所を回るリリースツアーを遂行。ツアー・ファイナルの渋谷O-WESTも大盛況に終わる。「むだいの音楽会」と題した自主企画も開催し精力的にライブ活動中。2012年9月に群馬で開催された「GUNMA ROCK FES」では1万人のオーディエンスを沸かせた。
2012年末に前ドラマーが脱退、2013年1月より新ドラマーとして神保哲也が加入。2月には地元高崎で「むだいの音楽祭」と銘打ったイベントを開催するなど精力的に活動を続ける。

「花かざぐるま」

「信じなきゃ」

1/26(Sun)は、タワーレコード高崎店に行ってそれぞれの思い出を語り、秀吉のライブと共に楽しみましょう!


先日、書かせて頂いたタワーレコード高崎店閉店に関する記事が予想以上に全国からアクセスされていてビックリしています。ご覧いただきまして、ありがとうございます!

記事はこちら
タワーレコード高崎店閉店から思う地元の音楽文化との付き合い方

SNSでの交流やネット通販が全盛の中で、僕らがリアルな場でのコミュニケーションを通じて、人と人との信頼関係を築いて行くことの大切さ、楽しさをもっと知っていなければですね!

タワーレコード高崎店閉店から思う地元の音楽文化との付き合い方

2013年12月27日、Twitterで突然発表され、群馬の音楽好きの中でこの話題で持ちきりになりました。

@TOWER_Takasaki: 【閉店のお知らせ】
毎度ご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、この度タワーレコード高崎店は、2014年1月26日(日)をもちまして、
閉店させていただくこととなりました。
永きにわたり多くのお客様にご愛顧賜りましたことを心より感謝申し上げます。

タワーレコード高崎店は2004年4月に高崎駅前の高島屋の向かい側にオープン。

群馬に来訪した数々のバンド達が立ち寄り、コメントを残したりインストアライブを行ったり、まさに群馬の音楽文化の発信地となっていました。

ここ数年でライブハウスは増え有名アーティストも多く来訪し、高崎市も「音楽のある街」と大々的に打ち出し街全体で盛り上がっているかのように見えていた中での閉店発表。

確かにここ数年で音楽を聞く再生環境はCDからデータへ変わりiTunes、YouTube、SoundCloudなどパソコンやスマフォだけで聞く人達が増えCD販売の低迷が止まらないとよくニュースで目にしていました。

また、ボカロなど音楽の趣味趣向がさらに多種多様化、ネット通販の膨大な在庫量と即日発送などが当たり前になり、
リアル店舗に置ける在庫量では対応出来なくなってしまったのかもしれません。

タワーレコード高崎店閉店の話を聞き
「えっ、無くなっちゃうの!?」
と寂しくなった方は非常に多かったと思いますが、私自身を含めここ数年でCDを購入する枚数は明らかに減っていたと思います。

今更ながらに想う事は、
「身近な音楽文化を守るために、
多少手間がかかっても
そこで購入する思いやりが足らなかった」

という事。

これを見てくださっている皆さんも、音楽に限らず自分の街に好きなお店があると思います。
当然の事ながらお店は商品やサービスを購入してもらえなければお店やそこで働くスタッフや家族の生活を維持していく事は出来ません。

だからこそ、そのお店がずっと自分の憩いの場として存在してて欲しいのなら、
お店に通う、小さい物でもそこで購入する、SNSで宣伝を拡散してあげるなど、
「自分のできる事で支援していく思いやりの心」
が必要なんじゃないかなと感じてしまいました。

音楽においてもバンドはライブをするのにもお金がかかるし、練習をするためのスタジオ代やより良い音を届けるための機材代など、趣味では済まされない額を費やして音楽活動をしています。

だからこそ好きになったバンドは、ライブに行ったり音源を買ってあげたりして、彼らが活動しやすいようにサポーターにぜひなってあげて下さい。


タワーレコード高崎店の営業は2014/1/26(日)までです。
現在、店内にコメントボードが設置してあり群馬のバンド達もコメントを書いています。
ぜひ、時間を作って見に行って一言書いてあげて下さい。

タワーレコード高崎店閉店コメント

そして、またタワーレコード高崎店が再開できるように自分達に何が出来るか少しでも考えるきっかけになってもらえればと思います。

タワーレコード高崎店 website
Twitter @TOWER_Takasaki